不動産投資のなかでも安心の新築の魅力とは

マンションの模型

不動産投資にはたくさんの種類があります。巷には色々な投資方法を紹介した本がたくさん販売されています。アパートであったりマンションであったり、他にもビルやコインパーキングなど様々です。そして新築で始めるのかそれとも中古を購入するのか、地主向けかそれとも土地から購入するのかなど、数えるときりがないほど不動産投資は千差万別です。その中でも新築のアパート経営は魅力的に映ります。新築のメリットはいろいろありますが、最初の10年間は維持費がかからないという特徴があります。アパートは築10年を経過したあたりから、設備の交換や故障が目立つことがあります。中古でアパートを購入すると築15年くらい経過した物件が多く売りに出されており、ちょうどその時期は設備の故障や建物の大規模修繕の時期に当たります。その為に中古は新築よりお手頃価格というメリットがある反面、修繕費が掛かるという事も念頭に置いて購入を検討しなくてはならないのです。しかし、新築ですと設備の故障や修繕などはかなり先の話になってきます。さらに入居者も新築という事で喜ばれます。空室率も中古では上がる傾向にありますが、新築の場合には大変低く抑えることも可能な場合があります。他にも新築アパート投資のメリットはありますが、不動産投資の初心者の人であっても、新築であれば比較的安心をして運営が出来るという事も考えられます。

アパート投資は需要が大事

住宅模型とお金

需要のない場所で新築アパート投資をしても入居者がいるとは限りません。土地活用の場合でも駅から相当離れた場所に建てても、ファミリー層向けならまだしも単身者が入居する可能性は低いです。近くに大学や大きな会社の工場などがあるならまだしも、そうでない場合にはいくら土地を所有していても建設を見送る方が良いでしょう。土地から購入して新築アパートを建てる場合には、なぜその場所でアパートを建てるのか、需要があるのかを徹底的に調査してからにしたほうが良いでしょう。上記のように近くに大学があったとしても、その大学が将来都心に移転するという可能性もあります。するとたちまち入居者に困ってしまうという事もあります。今が良くても将来10年や20年後のことも考えてアパートを建てる方が良いでしょう。もちろんそのような先のことは想像するのは大変ですが、アパート経営は数十年間に及ぶ長期投資です。短期や中期、長期的に長い目でみて決断を下すようにしましょう。そうすれば成功にまた一歩近づくことが出来るでしょう。