HOME>アーカイブ>アパートを使用して資産運用をしたい人は注目
スーツの女性

立地により費用は変化する

マンションやアパートを使用した投資法はいくつか用意されています。一般的に中古物件を購入して運用する人が多いですが、中には新築アパート投資を行う人もいるので知っておきましょう。新築アパート投資をするにはどれくらいの費用がかかるのか気になるところです。基本的に新築物件を購入するので新品価格での購入をします。中古物件のように築年数によって割引などがされていないので注意しておくと良いです。具体的にどれくらいかかるのかというと立地により変化します。例えば駅が近く都心にあるアパートは需要があるので結構高額な費用が必要です。逆に郊外にありアクセスが不便な立地だと販売価格は安くなってしまいます。安いものが良いと感じる人もいるでしょう。立地が悪いとアクセスがしにくいので利用者はかなり減ります。そこで新築アパート投資をするのなら都心にあるものを選定するのがおすすめです。

新築が何故いいのか仕組みを理解しておこう

どうして新築アパート投資が良いのか気になる人も多いでしょう。基本的に新築アパートは一から建設を始めているので、条件に合致する物件なら主通りの運用をすることができます。築年数は浅く設備などの劣化もないので将来的に安定して入居者を稼げるメリットもあるのが強みです。基本的に新築アパートは新しくできた物件です。そのため需要があり空室リスクがないといった仕組みを作っています。空室リスクはアパートやマンション投資にとってデメリットです。多い場合は収益をうまく出せないので注意しておきましょう。ちなみに新築アパート投資をするときにはディベロッパーに依頼をして建築してもらうと良いです。ディベロッパーの中には等価交換方式というものを採用している業者もあるので低リスクでアパート投資が可能です。